読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストの全てはコレで決まる!

 

初めまして!ゆうきといいます。

 


私は今イラストレーターとして仕事をしています。

 

さらにイラストの描き方講座で

思い通りに描けるようになるアドバイスをしています。

 

 

 

「イラストをいくら描いても上達しない!」

 

「構図やイメージが全く思いつかない!」

 

「上手くなるために何をしたらいいの?」


と悩んでいるあなた。

 

 

 

その気持ちわかります。

 

 

 

私も昔はあなたと同じ悩みを抱えていました。

 

 

 

上達したいという気持ちがあるが

何をやればいいのかわからない。

だから結局やらない。

 


デジタルソフトを使いこなせくて参考書を買ったのに

専門用語だらけでわからない。

参考書だけが溜まっていく。

 


いい案が思いつかないから

好きなイラストレーターさんや

他の人の作品を見て構図をパクる。

 

 

 

そんな感じで怠けてた私。

ダメダメだったんです。

 

 

 

ある日友達が絵をSNSに投稿しランキング上位に

ランクインしました。

 

 

 

私はそれを見て羨ましく思い、

「私も絵を評価されたい!練習が足りないんだ。

とにかく描いて上達するぞ」

 

と心を入れ替え決心し、

また枚数を重ねていきました。

 

 

 

 

しかし


何ををどうしても昔のイラストから進化しない!!

 

 

 

学校の友達はどんどん上達しスキルを身につけて

就職先も決まっていきます。

 

卒業まで残り3ヶ月。

友達に取り残されていく孤独感…

 

先生に相談しても、

「それだと絵で食っていくのは結構厳しい」

と言われてしまう。

 

 

もう私の心はズタボロです。

それはもうショックで仕方ありませんでした…

 

もうイラストの道を諦めて、

普通の会社員として就職しようと考えました。

 

イラストなんて描きたくない…

そう感じていたお正月のある時。

 

 

年賀状が数枚、私のもとに届きます。

 

その中の1枚が私の人生を変えてくれたのです。

 

それは中学校の美術担当だった小林先生から届いた1枚。

 

「久しぶりです!覚えていますか?

長く子育てで休んでいましたが、やっと復帰しました!

今はもう学校にいるので是非また会いたいです。

時間があれば連絡ください。」

 

 

メッセージと電話番号が記されていました。

そこで美術を教えてくれていた

小林先生に連絡をしてみたのです。

 

 

彼女とは仲良くしてたのですが

産休、子育て休暇を取っていて

なかなか会える時間が無くなっていました。

 

久しぶりに会ったので2人の近況報告トークは

止まりませんでした。

 

 私はそこで今の学校の事やイラストが上達せず悩んでいる事

 

ボロボロに言われて心が折れてしまった事など

全て打ち明けて相談しました。

 

 

先生は一言。


「やっぱり大切なのは基礎の力。

基礎力を身につければ

何でも上手くいく」

 

 

私の専門学校の先生はアニメイラスト担当で基本的に

キャラクターデザインなどが主でした。


 

小林先生は美術のプロです。

美術にしてもイラストを描くにしても

欠かせないのは基礎力。

そこを再認識させてくれたんです。

 

私は彼女のテクニックを教わり、

実践するよう努力しました。

 

毎日クロッキー帳と向き合って

手を動かしていました。

 

2ヶ月くらい経って

地域の小規模なコンクールの案内をもらったので

勇気を出して応募してみました。

 

 

すると…そのコンクールで

 

 

入選することができたんです!

 

 

規模は小さいものの

この時は嬉しくてどうしようかと思いました!

今でもいい思い出です。

 


そのあとまた練習を重ね、

少しづつ自信をつけていった私は

いろんなコンクールに応募して挑戦を続けました。

 


昔は応募する事も恐れていたのに

私にとってはこれだけでも大きな成果です。

 


その上佳作以上の賞にどんどん入選していったんです。

 

 

イラストの道を諦めていた私が最終的に今では

自分の頭の中でイメージした

構図、ポーズ、背景、配色が

 

 

自由に操れるようになりました。

 

 

学校の仲が良かった後輩の中にもやっぱり私みたいに


「イラストが上手くならない」

「納得いかない」

と悩んでる子たちが沢山。

 


私はその子たちに小林先生のテクニックを

直々に教えてみました。

 


みんなその後


「何となく形が取れるようになってきた気がする」

「頭の中のイメージをそのまま描けるようになった」


と少しづつ成長していきました。

 

そして今では安定した就職先に内定が決まったのです。

 

なぜこんなにも効果があるのか?

それはやはり

 

 

基礎力にあります!

 

 

何事にも土台が必要です。

建物も基礎の土台がなければ崩壊してしまいますよね?

 


それと同じなんです。

 

 


ここのブログでは小林先生から

教わり身に付けたテクニックと

私のイラストレーターとしての経験を組み合わせて

 

 


簡単にどんな構図でも

描けるようになる方法

 

 


を紹介していきます。

 

あなたが思うがままに
イラストを描けるところまで導きます!

 

 

 


それは難しい事ではありません。

 


「1日15分

鉛筆を手に持って動かす」

 

だけで出来てしまいます!

 

 


自分の好きなように描けるようになりたいですか?

 

頭の中で構図がくまなく浮かぶようになりたいですか?

 

納得いく作品を作りたいですか?

 


そうなりたい!と思うあなた!

次の記事でお会いしましょう!