読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Illustration Magic

*自由な生き方の魔法をあなたへ*

みるみる上達!最初に揃えるべき3アイテム!

 

こんにちは。ゆうきです!

 

今回はイラストを描くにあたって
必要な道具、あると良い道具を紹介します。

 

イラストを描くには様々な道具が必要です。
何もなければ絵は表現できませんから。

 

f:id:yuki1732:20170129004824j:plain

最低限、紙とペンがあれば描けてしまいますが
いろんなスキルを身に付けたい場合
それだけでは足りません。

 

道具はあればあるだけ良いのは確かです。

 

分野によってそれぞれの道具があり、
その分野専用に作られているわけなので
それで描いたほうが効率も
クオリティも上がりますよね。

 

道具が合わないまたは悪かったせいで
イラストが上手く描けないなんて
時間がもったいないです。

 

f:id:yuki1732:20170129004845j:plain

労力も体力も時間も奪われてしまいます。

そうならないためには適当な

道具を使って欲しいと思います。

 

今回は的を絞ってデッサンやクロッキー
する場合についてお話しします。

 

 

【鉛筆】
鉛筆も硬さが10H〜10Bまで22種類もあります。


この硬さの使い分けによって
絵の具などで色をつけなくても

明度や彩度を描き分けることができます。


初めはとりあえず3H〜6Bくらい

持っていると描きやすくて便利です。

 

f:id:yuki1732:20170129004918j:plain

【消し具】
鉛筆の他にも必須レベルのものが練り消しです。
これはやんわりと消したり
しっかり消したり両方使える優れものです。

 

形を自由に変えれるので
「ここだけ消したい!」という時にすごく使えます。

 

木炭デッサンの場合は食パンの

柔らかい部分で消すのが普通です。

もしやる場合はついでに食パンも買いましょう。

 

f:id:yuki1732:20170129005002j:plain

【紙】
オススメはクロッキー
表面が滑らかで滑りがとても良く、
薄手で値段に対して枚数が多いからです。


様々なサイズがあり自分の用途に合わせて
すぐにサッとかけるのがいいところです。

 

木炭紙は木炭デッサン用の紙です。
木炭粉が付きやすいように表面が
凸凹になっているのが特徴です。

裏表があるのでそこは注意して描きましょう。

スケッチブックは少しザラザラとしていて厚手なので

消した時に破れにくいというメリットがあります。

画用紙みたいな感覚で使います。

 

f:id:yuki1732:20170129005043j:plain

 


少し慣れてきたらイーゼル(画架)や

カルトン(画板)を揃えて

本格的に始めるのもいいですね。


イーゼルは屋外用と屋内用、アルミ製のもの
もあっていろんな種類があります。

自分の好みで選ぶと愛着が湧いてきて
たくさん使うようになりますよ!

f:id:yuki1732:20170129005105j:plain

 


買ったけどどうやって使うの?

と思うかもしれませんが

 

実際描いたり消したりするだけですから
すぐ使いこなせます!

 

使っているうちに
あなただけのオリジナルな使い方が
確立するかもしれません。

 

それができたらラッキーです!
他人にないスキルを身に付けていることになります。

 


イラストを上達させるスピードを上げるためにも、
あなたに必要な道具は揃えましょう。


まずはクロッキー帳と

鉛筆を用意して目の前においてください。

f:id:yuki1732:20170129005138j:plain


やるぞ!という気持ちになれるはずです。

 

 

それではまた次の記事で!