読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなが思わず見てしまう!人から認められるイラストを描こう!

こんにちは。ゆうきです!

 

あなたはイラストを描く時
ちゃんと全身描いていますか?

 

本気でしっかり描くもの以外は
上半身だけ、ましてや肩まで
なんてこともあるんじゃないでしょうか。

 

私もそんなイラストばかり描いていました。

f:id:yuki1732:20170129211401j:plain

顔ばかり上手くなって
身体をいざ描いた時

 

あれっ?

 

となってしまいます。


自分自身でも
思うほど描けない!と気づくはず。

 

あなた自身がそう感じるなら
イラストを見てくれている
人たちからしても同じ。

 

「この人は身体が下手だな」
「顔しか練習してないな」

 

なんて思われてしまいます。

 

全身描けるようにならないと

ちゃんとイラストを描く人
として認められません。

 

なので、そうならないために
イラストを描く時は
出来るだけ全身を描いて練習しましょう!

 

その全身を描く中で重要なのは
やはり手と足です。

f:id:yuki1732:20170129164405j:plain

手は腕向きや指の動きを細かく描いて
自然なイラストになるように。

 

足は身体を全部のバランスを考えた
長さと、靴もしくは指を丁寧に。

 

手足をしっかり気合を入れて描くだけで、
イラストのクオリティが一段と
上がって見えます!

 

 

おそらく


手足を描くのは苦手!!


という人は沢山いると思います。

f:id:yuki1732:20170129211817j:plain

 

そこで、今日からできる

自己流の簡単にバランス良い
手足が描ける方法を紹介します!

 

この方法を見ながら
実際に練習してみてください。

 

 

【手の描き方】


「手は全て扇形」ということを
頭に入れておくと
イメージしやすいです。

 

次の画像を見てください。

f:id:yuki1732:20170129211528j:plain


このように扇形を意識すると
描きやすくなると思います。

 

手の表面はゴツゴツした骨の
感じを表現すると
リアルになりますね!

 

 


【足の描き方】

 

足も指の方が広がっている扇形
をイメージすると描きやすいです。


くるぶしなど間接の部分は太めに
描くのがポイントです。

f:id:yuki1732:20170129211606j:plain


太ももなどの肉付きの良い部分は
思いっきりボリュームを出すと
メリハリがついてとても良いです。

f:id:yuki1732:20170129211628j:plain


どうですか?
これなら描ける気がしましたか?

 

普段描いてるイラストにもう一手間
加えて全身描く練習をしましょう!

 

全身描かれているイラストは
やはり迫力やボリュームがあるので
人の目にとまりやすいです。

 

 

今すぐ画像を見ながらでも、
自分の手足を見ながらでも
練習を始めてみてください!

 

それではまた!