読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱アナログ!デジタル絵を描きたいあなたへ朗報です。

んにちは。ゆうきです!

 

今回は

「アナログ」と「デジタル」

についてお話します!

f:id:yuki1732:20170201033022p:plain

あなたはイラストを描く時に

何を使って描いていますか?

 

鉛筆?

絵具?

コピック

ペンタブ?

 

様々あります。

 

ちなみに私はアナログ派で

シャープペンやボールペンで

描くのが好きです。

f:id:yuki1732:20170201033602j:plain

 

イラストを描くための

媒体は沢山ありますが、

 

最近ではデジタルで描く人が

増えてきたように思います。

 

デジタルで描くというのは

 

ペンタブレットという製品で

パソコン上でデジタル化された

イラストを描くことです。

 

f:id:yuki1732:20170201033645j:plain

正直ペンタブは

使いこなせるようになるまでは

とっても使いにくいです!

(体験談)

 

それでもペンタブを使って

デジタルで描く人が

増えているのはなぜでしょうか?

 

それは

メリットがたくさんあるからですね。

 

 

そのメリットを紹介します。

 

 

1・色などが劣化しない。

f:id:yuki1732:20170201033727j:plain

 

これはアナログと比較した

メリットですが、

劣化がないということです。

 

アナログだと紙、鉛筆、絵具など

時間が経つにつれて

劣化していくのは事実です。

 

デジタルだとその心配が

一切無用なので安心です。

 

 

2・失敗しても戻れる

 

f:id:yuki1732:20170201033820p:plain

これは最強の利点です。

 

たとえ失敗したとしても

前の状態に戻せること。

 

アナログだと修正が大変な

ところを一発で直せます。

 

 

3・レイヤーが使える

 

f:id:yuki1732:20170201033932p:plain

レイヤーというのは線画や

着色などの際にまとまらないよう

区別するための階層です。

 

これを使うことで

色を塗ったり逆に消したり、

修正なんかをするときに

 

非常に効率が良くなります。

 

 

4・手間が省ける

 

f:id:yuki1732:20170201034023j:plain

アナログだと描くために

紙とペンと絵具と…

 

絵具なら尚更、水や筆の

準備が必要です。

 

描き終われば洗って

片付けないといけません。

 

その準備、片付けの手間が

一気に省くことが可能なんです。

 

 

4つメリットを挙げました。

 

このメリット、

アナログ派の私からしても

とても魅力的です。 

 

f:id:yuki1732:20170201034309j:plain

 

デジタル化してきた世の中で

アナログで描いていくのは

とても効率が悪いと感じます。

 

アナログを否定している訳では

ありませんよ!

 

私もアナログ人間ですから!

 

 

それでもやはり

デジタルにも対応していかなければ

取り残されていきます。

 

イラストの仕事も

データでのやり取りが多いです。

 

そうなると元々データ化された

作品をやり取りする方が

確実に効率はいいですよね。

 

そう考えるとアナログ人間

私たちは完全にデジタル側に

遅れを取ってしまいます。

 

f:id:yuki1732:20170201034351j:plain

 

「私もペンタブで描きたい!

でも難しくて断念した!」

 

「なんとかしてデジタルで

描けるようになりたい」

 

というあなた。

 

 

アナログのようにデジタルで

描く方法がありますよ!

 

 

どうやって??

 

 

それは液晶タブレットです。

f:id:yuki1732:20170201034440j:plain

 

1度は聞いたことが

あるかと思います。

 

これは優れものです。

 

液晶がついていて、液晶に

直接ペンをつけて描く

ことができるんです。

 

それなので実際に紙に

描く時と同じ姿勢で描けます。

 

そのうえデジタル。

 

最強じゃないですか??

f:id:yuki1732:20170201034753j:plain

 

唯一デメリットは値段ですかね。

 

やはり高性能、高機能なので

普通のペンタブより値は張ります。

 

 

しかし、

 

あなたの作業効率を上げる

ためにも検討をおすすめします!

 

ちょっと試したい…

欲しい…

 

と気になってしまったあなた。

 

まずは今すぐ

インターネットで調べましょう。

 

メーカーもいろいろありますし、

性能も種類によって違います。

 

メリット・デメリットを

しっかりと把握したうえで

考えてみてください。

f:id:yuki1732:20170201034825j:plain

 

ではまた~!!