Illustration Magic

*自由な生き方の魔法をあなたへ*

WEBデザインとは?デザインの基礎勉強!

 

んにちは!ゆうきです!

 

WEBデザインと聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか?今の時代デザインなしでは成り立たない世界になってきました。そのせいかWEBデザインを学びたいと思う人は非常に多いと思います。

 

でもWEBデザインをなんとなくやってみたいけど、本当に漠然とデザインするっていうことしかわからない…そんな人に向けて今回はWEBデザインとはなんなのか、WEBデザインの勉強方法について話していこと思います!

f:id:yuki1732:20170522122259p:plain

 

なぜ私がこんな話をするのかには理由があります。

 それはこれから勉強しようと漠然とただ思っていてまだ曖昧な未来しか思い描けていない人に、デザインの可能性を知ってもらって未来のビジョンを立てて欲しいなと思ったからです。

 

私自身今はWEBデザインの仕事をしていますが、デザインスキルを身につけてから自分の世界がぐんと広がりました。自分の力だけでコンテンツをカスタマイズできるようになったし、言いたいことがあれば自分でWEBページを作れるようになりました。

 

今の時代、インダーネットを介した仕事がかなり多いのはみなさんのんご存知のはず。そこで重要になるのは、言葉でのコミュニケーション力と相手に内容をより伝わりやすくするためのデザインです。デザインを勉強して得たものは、生活の中のいろんなところで生きて来るので勉強する価値はかなり高いのです。

 

 

私自身このようにデザインができるようになったら、WEBの見え方も変わったし、相手がどのようなことを意図してこのデザインを考えたのかなど感情を共有することができるようになりました。物理的に仕事も増えたし、世界観が広がったというのが私の中で一番得られてよかったと思うことです。

f:id:yuki1732:20170522124815j:plain

 

じゃあ本題に入っていきます。WEBデザインってそもそも何?そんな疑問に答えていきたいと思います。

 

簡潔にまとめると、パソコンやスマートフォンなどの電子機器上で表示されるものをレイアウトしたりデザインを決めたりすることです。ホームページのデザインもWEB上サービスのデザインもすべてWEBデザインと呼ぶことができます。


そのデザインを考えて形にしていくのがWEBデザイナーです。簡単にそう言ってもただ頭の中にあるイメージを映し出すには複雑なパソコンの技術面も必要になってきます。でもそこはやっていくうちに覚えられるし、少し勉強すれば意外とできちゃうのでご心配なく!

 

WEBデザインにもHTMLやCSS、プログラミング、フラッシュ作成など種類があります。え、わけわからん!!そう思いますよね。簡単に説明します。

 

HTML(エイチティーエムエル)

f:id:yuki1732:20170522131600j:plain

人間が話すときに英語、日本語とあるようにWEBページを作る時も専用の言語を使います。この言語を決められた単語、文法に従って書いていくことでWEBページを作ることができます。

 

CSS(シーエスエス

f:id:yuki1732:20170522131811j:plain

HTMLはWEBページを作る言語だけれど、デザインやレイアウトをするための言語ではありません。ある程度HTMLでデザインすることもできるっちゃできます。でも本来の使い方ではないので推奨されていません。それなのでその代わりに使われるのがCSSです。

 

CSSとがWEBページのデザインやレイアウトを細かく設定するためのものです。これを使うことでいろんなデザイン表現ができるようになります。

 

プログラミングやフラッシュ作成はもっと高度な技術を使ってプログラムを作ったりグラフィックのデザインをすることです。これらはかなり難易度が高いですが、職業として役割がある会社も存在します。

 

 

デザインの仕方に種類があるように、WEBデザイナーにも種類があります。デザイナーになる!ということは他の専門職と比べて決して難易度は高くありません。もともとイラストを描いているだけだった私でもできるのですから、あなたにも絶対にできますよ。

f:id:yuki1732:20170522132802j:plain

 

デザインの勉強をする気になってきたー!じゃあまずは何をどうしたらいいの?そんなあなたに、私が今までやってきたステップをご紹介します。

 

1*グラフィックデザイン資料を見る

f:id:yuki1732:20170522133742j:plain

 私はWEBデザインを勉強する前にグラフィックデザインの資料をたくさん見てアイディアを得る訓練をしました。デザインの引き出しが広がるし、自分では見つけられなかった意外なレイアウトデザインを見ることができます。自分の世界の範囲内でしか思い浮かばなかったイメージが、いろんなものを見ることでどんどん広がっていきました。

 

 

2*WEBデザインで必要な用語を知る

f:id:yuki1732:20170522141443j:plain

英語の勉強で単語を覚えるように、 WEBデザインをする上で必要な用語を調べて意味を理解することは大切です。例えばさっき説明した「HTML」や「CSS」他にも「レスポンシブデザイン」「SEO」などたくさんあるので知っておきましょう。

 

 

3*デザインソフトを無料で使ってみる

f:id:yuki1732:20170522140013p:plain

 Illustratorやphotshopなどのデザインソフトを実際に使ってみました。イメージは「Illustrator=文字や写真のレイアウト」「photshop=写真や画像の加工、合成」ですね。これらのソフトは公式ページから30日間無料で体験版をダウンロードすることができます。

 

その30日間で本やいろんな講座などを参考にして実際に触ってみるのが使えるようになる一番の近道です。このソフトが使えるだけであなたのデザインスキルは一気に跳ね上がります。むしろ使えるだけで仕事もできるようになります!

 

 

少しずつ自分の中でのWEBデザインのイメーシが固まってきたでしょうか??デザインの業界もどんどんIT化してきて日々進化を遂げています。これからもWEBが必須となってくる時代にWEBデザイナーという存在は欠かせないものになっていきます。

 

あなたもこれからこの業界に飛び込んで活躍していきたい!そう思うのなら今すぐいろんなデザイン資料を探してあなたのデザイン脳を活性化させていってください!

 

 

ではまた次の記事で会いましょう!

 

ゆうき